【本】自分磨き・自己啓発におすすめな本3選【人生が変わります】

スポンサーリンク
【自分磨き】誰でも実践できる方法

世の中にはたくさんの「自分磨き・自己啓発本」が出回っていますが一体何から読めばいいのか分からない事ってありますよね。

筆者が1000冊の本読んでわかった事:

・漠然とした内容・事を書いてある本が多い

・ただ読むだけでは意味が少ない

本記事では、自分の状況に合わせて詳細の方法が明確にある3冊の本について紹介します。

 

【正しい読み方】自分磨き・自己啓発本を自分のモノにする方法

本の読み方を研究している人は意外と少ないです。ただ、自分に合う読み方によって、得る知識やモノが変わります。

例えば、ゲームを始めた頃は、弱い敵を倒したらすぐレベルアップしますが、30レベルの時に、1レベルの敵を倒しても何も経験にならないから、自分に合う敵を探し倒しますよね。

個人的に、読書も似てて、最初はなんとなく読むから始まっても、どんどんレベルアップにつれ、自分のやり方や自分に合う本を探しに行った方がいいと思います。

 

現在私が実践しているのは、

①目次を目に通し、気になるところをマークつけて重点的読む

②自分の状況に合わせ、具体的な行動しながら本を読む

全体像把握し、自分にとって参考になる部分を自分の身近な出来事や、普段からできる行動に置き換えて読むのが1番自分のものになるだと思いました。

 

超おすすめの自分磨き・自己啓発本①:7つの習慣

職業に関係なく、あらゆる方に超おすすめの1冊です。『7つの習慣』は生きる原則、本質的な問題解決へと導く方法を教えてくれました。自分自身と向き合い、変化の激しい時代をブレずに生きる人生のバイブルだと思います。社会がどう変わろうか、素晴らしい人生を送るための原理原則が変わらないです。

 

高校生に読み始めて、最初はよくわからなかったですが、友達と喧嘩したり、アルバイトがうまく行かない時に再度読み直したら、観る景色が圧倒的に変わり、他責から自責に考えるようになり、第1の習慣の方法を実践に始めました。そこから、物事はシンプルに考えられるようになり、人との関わり方・考え方が劇的変わりました。現在も第3の習慣の方法を実践しています。この本を読んだら悩む回数が圧倒的に少なくなりました!

 

この本の概要:

・成功する上で持つべき意識が紹介されており、すぐにでも実行できる方法

・公的成功と私的成功の違い、具体的な方法

・自分自身をどうやって理解するのか、なにを求めているかの具体的方法

・物事の本質・考え方の説明   など

 

超おすすめの自分磨き・自己啓発本②:営業の神様

そして、2冊目は営業の自己啓発本ですが、人との関わりがある方は必ず読んでください!世界一のセールスマンになった考え方や方法が書いてあり、口調は強く、読者を駆り立てるようになっていて、読んでいてテンションが上がってきます。中では13のルールが紹介されていて、どれも基本的な事ではあるか、実際は全然出来ていないことを実感させられます。また、彼はそれらをかなり高度なレベルで行っており、事実実績を残しています。良いセールスマン、売れるセールスマン、成功者になれるよう、時々読み返すべきだと思いました。

 

大学3年後半に読み始めたですが、すぐに役に立ちました。私は自分を表現するのが苦手で、周りの人への気づかいが全然できていなかったですが、本の中で教えてくれた、人として当たり前の事を愚直に、そして徹底的に実行することが何よりも大切であるリマインドを意識しました。そしたら、魔法のように周りの接し方、人との関わり方、表現する言葉が劇的に変わりました。リマインドの大切さに気付かされました。

 

この本の概要:

・健康と幸せになる具体的な方法

・世界一のセールスマンが実践している13のルール

・人として当たり前のこと    など

 

超おすすめの自分磨き・自己啓発本③:一瞬で人生が変わる! 1分間決断法

最後の3冊目は、決断法の本です。「ビジネス」「受験」「恋愛」…人生のあらゆる局面で役に立つ!
ゼロ秒で決めて1分で行動できる方法について書いてあります。断言できる事は、生まれつき優柔不断な人はいないです!自分の中で決断軸を持っていないから、なかなか決められないです。決断にかかる時間は、1分もかかりません。ゼロ秒です。決断する前に、自分の中に「軸」を作っておけば、迷うことはなくなるのです。決断軸があれば、迷う時間を限りなくゼロ秒に近づけることができます。迷っている時間をなくすということは、人生が変わるということなのです。

 

大学4年生に読み始め、外食する際に、1分以内に注文するようになりました。なぜできかというと、自分の判断軸が明確にあったからです。また、時間に対する考え方が変わり、長期的にみて自分にとっていい事を選ぶようにしました。決める事が苦手な人は必ず読んでください。

 

この本の概要:

・時間に対する考え方

・自分の判断軸作るための具体的方法

・チームで仕事する際の決断方法  など

 

まとめ:実践しながら読む

成長したい時、悩んだ時、壁にぶちあたった時は、先人たちの知恵を借りて乗り越えるのが一番です。この3冊の本を読む前と読んだ後では、驚くほど自分の中に変化しました!もちろんすべて正しいとは限らないので、あくまで参考にしてください。

ただ、1つ実践した方がいい事は、行動に移し、実践しながら読んでください

行動するしないで、大きく変わります。

コメント